熱を加えると酵素が壊れちゃう!!酵素が身体に届いてくれる酵素ドリンクとは?

加熱すると酵素は壊れる

酵素を摂取していきたい人にとって有用なのが酵素ドリンクですが、飲み方や選び方には気をつけなければなりません。酵素は熱に弱い性質を持っているものが大半を占めているため、加熱してしまうと壊れてしまって効果が半減してしまいます。酵素はタンパク質によってできていて、立体的な構造を維持するためには一般的には40度以下に保たなければなりません。種類によってはもっと温度が低くないと自然に壊れてしまう場合もあるので注意が必要です。寒いからといって温めてしまうと酵素が壊れてしまって効果が減弱してしまいます。基本的には冷蔵されていた冷たい状態から常温程度の範囲で飲むようにすることが酵素ドリンクを有効活用するには必須なのです。

非加熱で熟成した酵素ドリンクが効果的

酵素が熱に弱い性質を持っていることを知っていると酵素ドリンクの選び方にも注意すべきことがわかります。市販されている酵素ドリンクの多くは加熱による殺菌が行われているのです。加熱殺菌をすると品質保持をしやすいのは確かですが、それによって酵素がほとんど壊れてしまっています。非加熱で殺菌してある酵素ドリンクを用いるとより高い効果を期待することができるのです。酵素の量が多いとさらに高い効果が期待できるため、熟成をしてあるものを選ぶのが良いでしょう。非加熱かつ熟成済みというと酵素ドリンクの候補はかなり限られてしまいます。しかし、人気の上昇に伴ってこのような上質な酵素ドリンクも増えてきているので自分に合っているものを選びましょう。